急ぎでお金を借りる

急ぎでお金借りるには?キャッシングで今すぐに即日借りる方法【※今日中可能】

このサイトでは、以下の内容をご紹介しています。

  • 急ぎで借りるための方法
  • 今すぐ借りれるおすすめカードローン
  • お金を借りるための様々な方法

結論から言うと、いますぐ急ぎでお金を借りたいなら、プロミスアコムで借りるのがオススメです。どちらも最短即日での借入ができますし、初めての利用なら30日間無利息サービスもついていて大変お得です。

 

急ぎですぐにお金を借りたいならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、借入初心者によく利用される安心のカードローンです。初めてのご利用だと30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

『WEB完結』サービスのあるプロミスなら、申し込みから借入までの一連の流れをネットだけで完結することができます。審査もスムーズで、急ぎで借りたいというたくさんの方が利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息期間(※1)がついています。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

急ぎで借りるなら信頼できる大手が安心

プロミス・アコムどちらとも大手金融グループに属しています。

  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • プロミスはSMBCグループ

知名度も高く、大手がバックにいる分安心です。即日融資にも対応出来るスピード感も備えたこの2つのサービスは、初めてお金を借りるという人はもちろん、急いでお金を借りる必要がある人にはとてもオススメです。

 

【即日融資可能】ユーザーおすすめランキング

カードレス

◎プロミス基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結を利用すれば、申し込みから借入までがWEBで完結できます。しかも、途中で何かわからないことがあれば、オペレータが電話で親切丁寧に色々と教えてくれるので安心です。プロミスレディースなら女性オペレーターが対応してくれます。女性はもちろんのこと男性にも大変人気です。

↓※男性も利用できますよ♪↓
プロミスレディースの詳細を確認してみる>>

\急ぎですぐに借りるならプロミス!30日間利息ゼロ円/

最短即日

◎アコム基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
お金を借りるなら貸付残高No.1の実績を持つアコムがオススメ!知名度抜群のアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの一因です。信頼できる大手の実施する借入初心者も安心のカードローンです!男女問わずたくさんの方が利用されています。
\最短1時間でお金を借りれる!しかも30日間無利息!/

LPバナー 200x200

◎新生フィナンシャル レイクALSA基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
\Webなら最短60分での融資も可能!/

LPバナー 200x200

◎SMBCモビット基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日や時間帯により翌日以降の取扱となることがあります。

\多くの30代以上の方が利用されています/

 

【当サイトイチオシ】人気の厳選カードローン



すぐに急ぎでお金を借りたいなら

がオススメです。プロミス・アコムどちらも借入申し込み・審査・借り入れという一連の流れがとてもスムーズなので、最短即日でお金を借りることが可能です。早急にお金を用意する必要があるという方に非常にオススメです。

 

初回利用ならどちらのサービスもも30日間無利息サービス期間があるので、サクッと借りて期間内に返せば完全に利息がかからずに利用することだってできます。

 

カードローンの基礎知識

ここでは、カードローンを利用するのが初めてという人に向けて利用の仕方について具体的にお伝えします。

利用できる人の条件

お金を借りようとすれば、満たしていなければならない条件があります。
それは、

  • 安定した収入があること
  • 20歳以上であること

の2つです。

 

性別は男性でも女性でもかまいません。しかしながら、お金を借りる行為は法律に規定された契約行為ですから、20歳以上でないと行うことが出来ません。
>
お金を貸し出した業者は、貸しだしたお金をちゃんと利息と元本を合わせて返済してもらうことができないと貸し倒れになってしまいます。だからこそ、きちんと返済していってもらえるように安定した収入があることが求められているというわけです。消費者金融のみならず銀行などで借入する際にも基本的に条件は同様です。

申込みの方法

『申し込み』は、カードローンやキャッシングを使ってお金を借りるための最初のステップです。お近くに契約に対応出来る窓口や自動契約機があるのなら、直接そちらで申し込むこともできますが、近頃では多くの人が手軽で簡単に申し込みができるネットを通じて申し込みを行っています。

 

スマホやパソコンから簡単手続きでお金を借りることができます。名の知れた大手消費者金融は、特に、借入までのスピードを重視しているところがほとんどで、申し込みから最短30分で利用可能と謳っている業者もあります。

 

当サイトでも、オススメのカードローンを紹介しています。ぜひ、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

ユーザーおすすめカードローンランキング>>

 

審査について

申し込みが完了したら次のステップは『審査』です。審査の詳しい内容については、どのカードローン業者も公開していません。

 

ただ1つ間違いなく言えるのは、『貸したお金を利息も含めて今後滞りなくきちんと返済していってもらえるか』という視点に立って審査されるということです。

  • 住所
  • 電話番号
  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 借入履歴

といった項目が審査対象とされます。

 

また、カードローン業者により多少異なることがありますが、申込時に申告した勤務先できちんと働いているかを確認するために、在籍確認の電話連絡が入ることがあります。

 

カードローンを利用してお金を借りていることを会社の同僚などの周囲の方に知られたくないいう方も多いと思います。そうした利用者の心情に配慮してか、在籍確認の際には業者名を名乗らずに個人名を名乗るなどして電話をかけてくることが多いです。また、電話連絡による在籍確認をしていないカードローンもあります。

 

電話連絡による在籍確認のないカードローン>>

 

金利について

カードローンでお金を借りると利息がかかります。お金を借りようとするときに、いったい利息がいくらかかるのか気になるという人は多いとおもいます。

 

かかる利息は以下の計算式で計算できます。

 

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

 

返済方法について

借りたお金を返済するのは、近所にあるコンビニのATMからでも簡単に行えます。指定された返済期日までに発行されたローンカードで入金をすれば返済出来ます。

 

それ以外にも、指定銀行口座への振り込みによる返済や、ご自身の口座からの引き落としでの返済に対応しているカードローンもあります。

 

早期に返済を完了するためのコツとして繰り上げ返済があります。例を挙げると、本来定められた返済額が5,000円となっていても10,000円を入金したらその分残高が早く減りますので支払う利息が少なく済ませることができます。最後にはどうせ全額返済しないといけませんから、余裕を持って早めに支払うという考え方を持てば、借金はみるみる減っていきますので後々のことを考えると楽です。

 

消費者金融は一般的には金利が高いと言われるようですが、借りるお金が少額だったらすぐに返済できます。借りた翌日から30日間は無利息となるカードローンもありますので、賢く利用すれば大変お得にお金を借りる事が出来ます。

 

 

30日間無利息で借りれるカードローン>>

 

総量規制とは?

消費者金融などの貸金業者は、債務者を保護するという目的から貸金業法という法律による制約を受けています。この貸金業法の中では『総量規制』というルールが定められており、『年収の3分の1以上の借入ができない』ということです。

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシグは、この賃金業法の規制を受けるため、この総量規制のルールが適用されます。そのため、仮にあなたの年収が300万円あったとするなら、いくら多くても合計で100万円までしかお金を借りることができないということです。

 

カードローンのよくある質問

 

家族や会社にバレませんか?

カードローンの申込み時に、カードの受け取り方法や在籍確認方法などを工夫することによってバレないようにできます。在籍確認の電話連絡の際に勤務先にバレやすいと思われることが多いですが、実は要注意なのがカードローン会社からの郵便物です。それに、借入した後にバレてしまうということも多いようです。

 

会社や家族にバレずにお金を借りたいなら、電話連絡なし・郵送物なしで借入が出来るカードローンを利用するのが賢明な選択だと思います。

 

電話連絡なし・郵送物なしで利用可能なカードローン>>

 

お金を借りる際、目的は何でもいいのですか?

お金を借りる方法のなかには、住宅ローンや自動車ローンのように利用目的が限定されているものがあります。それに対して、カードローンでお金を借りる際には借りたお金の利用目的は特に限定されていません。

 

複数の会社から借入しても大丈夫ですか?

お金を借りるのに会社の数に別に制限が有るわけではありません。「年収の3分の1まで」という総量規制の範囲内の借入金額であれば何社でも利用可能です。しかし、あまりにも借入件数が多くなってしまうと、返済が危ぶまれるので新たに申し込もうとする際に審査の際、不利に働くことが考えられます。

 

返済方法はどのような方法がありますか?

借りたお金を返済するには、お近くのコンビニATMから入金して行うことが出来ます。その他にも、業者の指定する銀行口座への振り込みやご自身の銀行口座からの引き落としによって返済を行える業者もあります。詳細については、利用されるカードローン会社の公式サイトをご覧ください。

 

金額はいくらまで借りられますか?

貸金業者である消費者金融系のカードローンでは、貸金業法に定められた「総量規制」というルールが適用されます。その関係上、複数のカードローンを合計して「年収の3分の1」というのが借りることができる限度額となります。

 

1万円とか少額の借入でも大丈夫ですか?

消費者金融からお金を借りるというと、もしかしたら30万円とかある程度まとまった金額を借りることがイメージされてしまうかもしれません。ですが、大手の消費者金融では、特に最低借入額を指定していないところも多いですし、指定していたとしても「1万円」から借入可能というところばかりです。少額での借入の際にも安心して利用していただけます。

 

アルバイトやパートでもお金を借りることができますか?

カードローンの利用条件は「20歳以上」「定期的な収入があること」です。アルバイトやパートでも「定期的な収入」の要件を満たすことが出来るので、借入が出来る可能性があります。

 

学生も借りることができますか?

20歳以上でアルバイトをされているといういことなら、カードローンの利用資格を満たすので借り入れできる可能性があります。

 

女性も安心して借りることができますか?

このサイトで紹介しているカードローンならどれでも女性も安心して利用できます。特に、女性スタッフが対応するプロミスレディースはオススメです。

 

主婦でも借りることができますか?

専業主婦の場合には利用できません。ですが、パート収入など定期的な収入があれば、主婦でも借入が出来る可能性があります。

 

その他の様々なお金を借りる方法

ここではお金を借りる色々な方法をご紹介します。ぜひ、ご自身で比較してみ検討していただけたらと思いますが、利用目的が制限されているものや利用条件がとても厳しいものなどデメリットがある借り方も多くあります。

  1. 即日融資にも対応できる
  2. 信頼できる大手が実施主体
  3. 申し込み方法が容易である
  4. 無利息で借りれるキャンペーン実施
  5. 利用目的が制限されていない

などの事情を考えたら、やっぱりプロミスアコムでお金を借りるという選択が賢明だと思います。

 

銀行系カードローン

銀行系カードローンは消費者金融に比べて多少金利が低いというメリットがあります。とはいえ、審査が消費者金融に比べて格段に厳しくなりますし、申し込みして審査を通じて実際に融資を受けるまでの時間もより長くかかってしまいます。

 

確かに多少なりとも利息が安くて済むことは魅力的な面でもありますが、審査に時間がかかるので早急にお金を借りたいというときには、あまりおすすめできません。

 

銀行の目的別ローンで借りる

カードローン以外にも銀行では目的別ローンも行っています。銀行カードローンと目的別ローンの違いは、その名の通り、借りたお金を何に使うことができるかという点にあります。

 

銀行によって様々な目的別ローンがありますが、一例を挙げると、マイカーローン・リフォームローン・教育ローン・ブライダルローン・トラベルローンなどがあります。

 

気をつけなければならないのは、

 

1.審査にとても時間がかかることと
2.目的が合わない場合はにお金を借りることができないこと

 

の2点です。ただ、とても低金利でお金を借りることができるというメリットもあるので、時間的に余裕があるなら検討の余地のあるお金の借り方の1つです。

 

クレジットカードのキャッシング機能で借りる

クレジットカードの多くには「キャッシング枠」というものが付属しています。このクレジットカードのキャッシング枠を利用すれば、銀行ATM・コンビニATM等の身近なATMで簡単にお金を借りられる可能性があります。もしも、お手持ちのクレジットカードがキャッシングに対応しているなら利用方法を確認してみてもいいかもしれません。

 

ただ、非常に高い金利は大きなデメリットだと思います。クレジットカードのキャッシングでは、最大金利である18%で貸付を行っているところも多いので、消費者金融で借りたほうが利息が安く済むというケースも多いです。それに、クレジットカードのキャッシングでは、消費者金融のカードローンと違って繰り上げ返済ができません。利息を安く済ませようと予定された返済日よりも繰り上げて早めに返済しても支払い総額を安く済ませることが出来ません。

 

労金(労働金庫協会)

労金とは『労働金庫』の略称です。全国に13の団体があります。住所地によって利用できる団体が異なりますが、例えば東京都にお住まいなら中央ろうきん、大阪府にお住まいなら近畿ろうきんを利用することが出来ます。ろうきんにもカードローンがあって、その地域で働いている人なら誰でも利用できます。(もちろん審査通過は必要です。)

 

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、失業等の事情により生活に困窮した人向けの公的な貸付制度です。窓口は、各地域の社会福祉協議会です。この制度を利用すれば、以下のような種類の貸付制度があります。

  1. 福祉資金(福祉費、緊急小口資金)
  2. 総合支援資金(生活支援費、住宅入居費、一時生活再建費)
  3. 不動産担保型生活資金(不動産担保型生活資金、要保護世帯向け不動産担保型生活資金)
  4. 教育支援資金(教育支援費、修学支度金)

この生活福祉資金貸付制度を利用するには、

  1. 障がい者手帳を持っている障がい者世帯
  2. 生活に必要なお金を他から借り入れできない低所得者世帯
  3. 仕事に就くことが困難な65歳以上の高齢者世帯

などに該当している必要があります。この制度の特色として、利息が非常に低いというメリットがあります。しかしながら、年金・失業保険を受給していたり生活保護を受けている場合や他の借入が出来る場合などはこの制度を利用して借入することができない可能性が高いです。国の貸付制度は審査基準がとても厳しいため、よほど困窮した状況でない限り審査に通ることはないと思われます。

 

学生ローン

学生であれば、各社で実施する『学生ローン』を利用するとうい手もあります。注意点として、学生ローンの審査では借りたお金を何に利用するかという利用目的が重視されています。それに、限度額はあまり高くないのでそんなに大きな金額を借りることができません。金利は高くついてしまいますが、利用目的がしっかりしていて、学生という身分であれば学生ローンを利用するのも1つの選択でしょう。

 

ビジネスローンでお金を借りる

事業用資金を借りる事が出来るビジネスローンもあります。ビジネスローンは、総量規制対象外(年収の1/3以上の借り入れが可能)ですし、個人向けのローンサービスよりも金利が低いといったメリットもあります。それに対して、デメリットとして審査に数日〜1か月程度などとても時間を要することが多いということがあります。

 

奨学金

奨学金は、進学に必要な学費・生活費を支援してくれる制度です。そのため、利用できるシチュエーションは非常に限定的になってしまいます。大学を卒業した後に借りたお金を返還する「貸与型」、返還する必要がない「給付型」があります。主な奨学制度として

  1. 日本学生支援機構
  2. 民間団体・その他の奨学金
  3. 大学独自治の奨学金制度
  4. 地方自治体の奨学金制度

などが存在します。

 

奨学金受給に際しては、非常に細かく厳密な審査が行われます。成績や学費の総額、通学手段なども対象項目となっていて、奨学金の金額や返済していく年数や金利も変動していきます。奨学金は入学後にしか支払われませんので、入学金や授業料を前払いでの支払うときには、奨学金は当てに出来ないこともあり、用意できなければいずれかの金融機関に一時的に借り入れをする必要があります。

 

親兄弟や配偶者からお金を借りる

親族(親兄弟や配偶者)からお金を借りる事が出来るのなら、それはおすすめできる方法の1つです。特に、法律上の契約行為ができない中学生や高校生等の未成年は、家族を頼ってお金を借りるしかないというケースも多いでしょう。

 

ただし、親族からお金を借りるときにも注意しておくべきことがあります。それは、

 

1.お金を借りる理由をはっきりさせること
2.返済に関してトラブルにならないよう配慮すること

 

の2つです。親族からお金を借りるときには、間違いなくお金の使い道について確認されるでしょう。このときに、相手を納得させるだけのきちんとした理由が必要です。それと、お金の貸し借りはたとえ身内であっても大きなトラブルになってしまう可能性を秘めているので、その点をしっかり理解して身内だからといって甘えずにちゃんと返済していくという覚悟を決めること大切です。

 

街金でお金を借りる

街金は、国や都道府県に貸金業登録をしている中小規模の消費者金融会社です。知名度の高い大手のように手広く展開している訳ではなく、特定の地域において個人を対象として小口融資を行っています。

 

中には、貸金業登録を行っていない違法な街金も存在します。貸金業登録を行っているまっとうな業者かどうかは、財務局の公式WEBサイトから確認することが可能です。貸金業登録ができていると確認ができれば正規の街金と判断してよいでしょう。

 

ヤミ金

貸金業者登録を行わず違法に貸金業を行っている悪質業者です。よく映画や漫画で描かれているように、法外な利息を請求して厳しい取り立てをするというイメージが定着していると思います。ただ、近頃では法律による規制強化の影響から激しい取り立ては減少傾向にあるようです。

 

貸金業登録をせずに営業しているため、財務局のサイトをチェックしても、業者名が出てくることはもちろんありません。法外な金利で融資を行ったり、あの手この手をつかってあえて完済させない等、とても悪質な業者が目立ちます。メディアで描かれるイメージで重々ご理解されていると思いますが、ヤミ金からお金を借りるのは非常に危険で、人生を破滅に導きかねない行為なので絶対にやめてください。

 

急ぎですぐにお金を借りたいならアコムかプロミスがおすすめ!

アコム

CMでもおなじみのアコムは、借入初心者によく利用される安心のカードローンです。初めてのご利用だと30日間の無利息サービス期間があります。

≫詳細はこちら

プロミス

『WEB完結』サービスのあるプロミスなら、申し込みから借入までの一連の流れをネットだけで完結することができます。審査もスムーズで、急ぎで借りたいというたくさんの方が利用されています。初めてのご利用なら30日間無利息期間(※1)がついています。

≫詳細はこちら

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。